「貴社のニーズ(要求仕様)」を「革新的機械仕様」へと変換し、貴社の「省力機器開発」をサポートします

FrontPage

少人数で省力機器の新規開発を行っているみなさまへ


  • この課題がブレークスルーできれば生産方式は大きく変わるのだが・・・
     
  • この変化の激しい時代に10年も変化の無い生産方式が続いている。何とかしなければ・・・
  • 忙しくて機器開発まで手が回らない
  • また、従来と変わった取り組み方をしてみたい

 とお思いのあなたに
 

機器開発の最上流工程、「要求仕様(ユーザニーズ)」を「機械仕様(案)」に変換する
部分からサポートする
 
安田機械設計事務所」の活用を考えてみませんか?
変化・挑戦・革新・飛躍を合い言葉に 秘密厳守 で取り組みます

要求仕様の機械仕様への変換について

 これまで機械設計技術者として機械開発を30数年間行って来ました。この間、機械開発において最も重要であると感じたのは、この「要求仕様(ユーザニーズ)」の「機械仕様(案)」への変換の仕方であります。

 「要求仕様」と「機械仕様」の間には 変換の谷 があると感じています。

 この変換の谷をどのような 手段 により越えていくかにより、開発する機器の性能・使い勝手・将来への展開の容易性・メンテ性は変化します。
単純な原理の手段でもって越えると開発した機器の応用範囲が広くなります。



 以下のpdfファイルは安田機械設計事務所を開始するに当たり参考とした資料です。

  製品開発における上流設計の重要性とその方法(pdfファイル:別画面で開きます)

変換の谷」を越える安田機械設計事務所
 トップへ戻ります

訪問者数:69426人

 

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional